女性エンジニアの悩みである残業と睡眠について

女性エンジニアのキモチ

女性エンジニアのキモチ

お悩み解決します!

睡眠は量より質を

睡眠は量より質を

女性でも努力と技術次第で活躍できるエンジニアの仕事はやりがいも大きいものです。認められれば頑張って働きたくなるものですが、その分プライベートがおろそかになってしまうという事もあります。仕事の責任が重くなるに従って残業も増えていきますが、それに伴い自分の時間や睡眠時間が減ってしまうのです。特に睡眠時間は体調や精神を良い状態に保つために必要なものですから、残業が多いときでもきちんと配慮をしていきましょう。

LINEで送る
Pocket

残業は断りにくいもの

睡眠は量より質を

日本では、どれだけ会社に貢献しているかを残業の時間で測るという考え方がまだ根強いものです。どれだけの時間を会社にかけているかという事を周りにわかりやすくするために残業に積極的に応じることは比較的簡単ではあります。しかし、それで睡眠時間を削って体調を崩したり効率が落ちてしまっては仕事にもマイナスな影響を与えます。残業をするにしても、適切な内容や時間にとどめられるようにしましょう。特にエンジニアの場合、こなした仕事を明確にしやすいという事があります。必要のない残業であれば、自分の仕事をきちんとこなしていることを示して断るという事も大切なのです。もちろん前提として仕事をきちんとすることや効率化を図るという事は必要です。

残業を控えていくべき理由

職場環境を悪くしたくないという思いから残業を断りにくいという方も多いことでしょう。しかし、女性の場合今後の妊娠・出産を考えると、必要以上に無理をすることは避けたいはずです。さらに、今後もこの会社で働こうとした時に、残業が必須の会社では産休・育休や短時間勤務などの配慮が得られないかもしれません。今のうちから健康な働き方ができるように下地を整えるという意味で、残業を減らしていく流れを作っていくようにしましょう。睡眠は美容にも影響しますが、何より健康維持に必要なものです。睡眠不足が続くと作業効率が落ち、危険を及ぼすこともあります。そういったことを防ぐため、必要以上の時間を仕事に費やすことは控えていきましょう。

効率よく睡眠をする方法

残業が避けられないのであれば、少ない睡眠時間をより効果のあるものとして活かしていきたいものです。まずはしっかり眠れるように環境を整えましょう。眠る1時間ほど前から目に入る光を抑えていくのが効果的です。テレビやパソコン、スマホなどの利用は控え、部屋の照明を間接照明にするなど工夫してみましょう。また、睡眠が足りずに調子が悪いと感じる方は、朝はしっかり朝日を浴びることでスッキリと起きることができます。短時間であってもしっかり疲れをとり、身体をリセットできるように工夫してみましょう。

おすすめ記事

ロールモデルに頼らないキャリアプランを
ロールモデルに頼らないキャリアプランを
偏見を覆す切り返し術で
偏見を覆す切り返し術で
睡眠は量より質を
睡眠は量より質を