「女性エンジニアのキモチ」について

女性エンジニアのキモチ

女性エンジニアのキモチ

お悩み解決します!

当サイトについて

当サイトについて

当サイトは、ITエンジニアとして働く女性を応援するサイトです。女性エンジニアのワークスタイルと実態になぞらえながら、抱えがちな悩みとその解決につながるアドバイスを紹介します。多くの女性エンジニアが快適に仕事に打ち込めることを願っています。

LINEで送る
Pocket

女性エンジニアの実情

当サイトについて

仕事でキャリアを積んでいく上で、女性が必ずぶつかる壁が出産・育児との両立に関する悩みです。最近はイクメンという言葉も定着し、育児休暇をとる男性も増えているようですが、男性の場合は休むか休まないかを選択する余地があります。女性の場合は出産となればどうしても一定期間は仕事を休まざるを得なくなります。ライフイベントが仕事にダイレクトに影響することは確かですから、一生独身で出産はしないと決断でもしない限り、女性が仕事とライフイベントを完全に切り離して考えることはできません。
さらに、ITエンジニアという仕事は残業や休日出勤などの超過勤務も多い職業です。深夜早朝問わず仕事をせざるを得ない場面も多々あり、体力的にも精神的にも限界を感じる女性エンジニアは少なくありません。責任感が強い女性エンジニアほどハードワークになり、精神的にも追い詰められてしまいがちです。また、まだまだ男性が多い業界において、一部の古い考えの職場では「女性だから」という理由だけで優秀な女性エンジニアのキャリアが停滞しているケースもあります。

転職の目的を

これらの悩みは女性エンジニアが転職を考える大きな原因となります。しかし、冷静に考えてみてください。これらの悩みは必ずしも転職すれば解決できる類のものかと言えば、そうではないのです。転職先でもまた同じ問題にぶつかる可能性は十分にあります。女性エンジニアにとって転職は決して悪いことではありません。むしろ目的がキャリアアップなど前向きかつ明確なものなのであれば、積極的に転職をするべきかもしれません。転職したい、転職しようかなという思いが頭をよぎった時は、何のための転職なのか、転職することでその目的は達成できるのか、問題解決のために必要な転職なのかということを冷静に自問自答してください。

選択肢が広がるワークスタイル

ITエンジニアという職業は、環境さえ整えばどこにいても仕事ができるという特徴があります。これは女性にとって大きなメリットです。女性が仕事を続ける上で考えておくべきことは、変化するライフステージに合わせた働き方の選択です。エンジニアという仕事であれば、フリーランスとして独立したり社員として在宅で仕事をするなど、様々なワークスタイルを選ぶことができます。働き方を柔軟に変えることで解決できる悩みもあるのではないでしょうか。

おすすめ記事

ロールモデルに頼らないキャリアプランを
ロールモデルに頼らないキャリアプランを
偏見を覆す切り返し術で
偏見を覆す切り返し術で
睡眠は量より質を
睡眠は量より質を