女性エンジニアのパワハラの悩みと解決法

女性エンジニアのキモチ

女性エンジニアのキモチ

お悩み解決します!

パワハラには味方を増やして反撃を

パワハラには味方を増やして反撃を

仕事における人間関係はいつも順調とは限りません。しかし、もしパワハラに悩んでいるのであれば一人でその問題を抱えてしまうのは危険な事です。パワハラは放置しているとエスカレートしてしまう可能性もあり、心身共に追い込まれてしまう前に対処しておく事がとても大切です。

LINEで送る
Pocket

パワハラの定義とは

パワハラには味方を増やして反撃を

仕事をしていれば何らかの注意や指摘を受けるのは当然の事なので何でもパワハラと捉えてしまうのも問題ですが、そこで参考になるのがパワハラの定義です。パワハラとは、暴言や暴行、また上下関係の優位性を利用して故意に仕事を多く与えたり逆に仕事をさせなかったりと、正常な業務が行えないように操作される事などが該当します。
そして、仕事上全く関係ないような個人的な事に対する誹謗、中傷、無視などが継続的に行われるというのもまたパワハラとなります。パワハラは周囲の誰が見てもわかる形で行われるとは限らず、本人にしかわからないよう巧みに行われてしまう事もありますので、そのまま泣き寝入りをしないために様々な対処をしておく事が重要です。

証拠を残しておく

まず、パワハラかなと感じる事があったら、なるべく詳細な日時とその行為や言動に関して記録しておくようにしましょう。パワハラは、一見業務上正当な事と思われるようなスレスレのところを突いてくる場合もあり、自分でもパワハラかどうか自信を持てないという事もあるかもしれません。まして自分のミスが関係していたりすると、罪悪感でより一層自分を追い詰めてしまいかねません。しかし、理由は何であれ度を超えてしまえばパワハラです。記録をしっかりと残しておけば、後で冷静になって見返した時によりはっきりどちらなのかを区別する助けにもなりますから、少しでもおかしいと感じたら何でもいいので証拠を残しておきましょう。

パワハラについて相談をする

もし社内にパワハラの相談ができる専門部署があるならば、まずはそこに相談してみましょう。やたらに周囲に相談する事でパワハラをよりひどくしてしまうきっかけが出来てしまう可能性も考えると、相談する相手は慎重に選択する必要があります。しかし、同僚の中には同じようにパワハラに悩んでいる人がいるかもしれませんので、心当たりのある人や信頼できる仲間に相談をして、どうする事がベストなのか対処法を一緒に考えてみるようにしましょう。同僚はパワハラの加害者についても知っているわけですから、実際にどのような事が起きているのかを直接確認してもらう事で証人になってもらう事もできるので、一人で抱え込んでしまうという事だけは絶対に避けるようにしましょう。
社内にそのような環境がなくても、外部にはパワハラを相談できる窓口が色々とあります。厚生労働省や民間のパワハラ相談など、活用できるものは最大限に活用して助けを求めてください。場合によっては転職も視野に入れる必要が出てくるかもしれませんが、無理に劣悪な環境下に居続けるのではなく思い切ってそこから抜け出せば、もっといい環境を見つける事ができるかもしれませんので、諦めないで行動していくようにしましょう。

おすすめ記事

ロールモデルに頼らないキャリアプランを
ロールモデルに頼らないキャリアプランを
偏見を覆す切り返し術で
偏見を覆す切り返し術で
睡眠は量より質を
睡眠は量より質を